彼女にバレてしまう前にジスロマック!後悔しかないクラミジア

クラミジア治療薬

【ある年代の女性が世界一の感染率】
日本では当然、トップクラスの感染率を誇っているクラミジア。
国内の感染者数は100万人を超えています。
もっともかかりやすい性病ということは言うまでもなく、10代の女性高校生は世界一の感染率となっています。
約13%と言われ、諸外国では高くて約6%と言われています。
この性病が「自覚症状が少ない」ということもありますが、コンドームを使用しないなどの問題からも感染率を高めていると考えられます。
男性は避妊以外の目的もコンドームが大切なことを再認識しなければなりません。

【クラミジアを治療する薬】
ネット上では「自然治癒した」などの書き込みがありますが、真っ赤な嘘です。
細菌が体内に入り込んで増殖して症状を伴う病気になるので、殺菌しなければまず完治することはないです。
しかも治療しないと感染を蔓延させてしまうだけでなく、男女ともに不妊症の原因になります。
クラミジア治療薬は「抗生物質」の使用になります。
病院処方では、
・クラビット
・ジスロマック
の2種類どちらかの処方となるいはずです。
クラビットの使用でもいいんですが、「服用回数を減らしてスグに治したい!!」という人はジスロマックがオススメ。
ジスロマックとはクラビットを改良して誕生したプロドラッグになります。
従来までは服用回数も多く、それが負担になったり飲み忘れの原因になっていました。
それがジスロマックであれば1日に1錠の服用でよく、3日間続けるだけで効果が1~2週間続きます。
しかもその間で完治する確率は90%ととも言われ、感染症に高い効果を発揮します。
薬代は多少高くなりますが、保険の適用もあるので3割負担で抑えることができます。

【注意】
感染症が完治したかどうかは、自己判断することはできません。
必ず専門医にみせ検索を受けてから判断されます。
自分で勝手に治ったと思い込んで相手とSEXしてしまうと、相手への感染はもちろん自分も再発します。
最後の検索までが治療になるので、忘れずに検索を受けてください。
また性感染症で怖いのはクラミジアだけではありません。淋病や性器ヘルペスなど性病にも色んな種類があり症状も様々です。
感染してからでは遅いので性行為をする際にはお互いの信頼のもとできちんと予防し、未然に防ぐことが大切です。

■紹介サイト
 クラビットの詳細は性病治療薬マニュアル