彼女にバレてしまう前にジスロマック!後悔しかないクラミジア

クラビットの効果

性感染症などは細菌によって感染するため、その治療には抗生物質などの抗菌薬の投与が必要になります。
きちんと治さないと不妊等や無精子症の要因にも繋がりますので、出来れば早めの治療が理想的です。

クラミジアは代表的な性感染症の一種で、性行為によって感染します。
性行為と言っても、性器同士の接触だけでなく、近年一般化してきた口での愛撫を指すオーラルセックスや、キスだけでも感染の可能性はあります。
性行為の基準は人によって異なる場合もありますが、性的な接触全般で感染の可能性があると思っておくのが良いでしょう。
クラビットはクラミジアを治療するために使う服用薬です。
性感染症を治療する時、点滴治療などでは入院が必要となってしまいますが、服用薬であれば日常生活に大きな変化がないままに治療を行えます。
また性感染症で入院してしまうというのはあまり人に知られたくないという人も多いと思いますので、そういった意味でも重宝されている薬でもあります。
しかし、抗生物質などの薬では問題となることがあります。
それは病原菌となっている菌が耐性菌を付けることです。
耐性菌とは、抗生物質などの薬に対して耐性を持ってしまい、薬が効かなくなった菌のことを言います。
これは抗生物質などを使って治療を行う際に、病原菌を一気に死滅させる前に薬の服用をやめてしまったり、服用量を減らしてしまった時に起こり得る現象です。
薬の効果を受けたけれど死滅にまで至らず、生き残った菌たちは自分たちを死滅させようとした作用を学習して耐性を持ち、その薬が効かなくなってしまうのです。
ですのでクラビットを使うときは、病原菌が完全に死滅したと確認できるまでしっかり服用し続けることが大切になります。
症状が緩和されたからといって自己判断で服用を辞めたりせず、医師と相談して確実な治療を心がけましょう。
使用の際に同時に気を付けておきたいのが、副作用です。
クラビットのような抗生物質は病原菌に対して効果を発揮してくれますが、これはその菌だけというわけにもいかず、他の菌にも影響を与えます。
人間の身体には多くの細菌が住んでおり、その細菌のお陰で体内環境を整えているものが多くあります。
この薬で影響を受けるのが腸の中の細菌です。
免疫や消化のために活躍している腸内の菌への影響は便通の問題として発生し、下痢や吐き気などの症状が表れることがあります。
多少のことであれば、目をつむることも時には必要ですが、症状が長く続いたり、重い症状であればかかりつけの医師へご相談ください。